千葉市の訪問介護・地域に根差して19年

介護保険法(2021.2.3)

「介護保険法」についての内部研修を行いました。

私たちヘルパーにとって
介護保険法は切っても切れない、
欠かす事の出来ない法律です。
しかしながら、
介護保険法は条文が全部で215条もあり、
熟読する機会もあまりない為、
今回の研修で取り上げてみました。
法律の学習は、
条文等文字ばかりを追いかけがちになることもあるので、
イメージで捉える事ができるように、
図表もたくさん使用して、資料を作成しました。
イメージとして捉えるには、動画は欠かせない資料となります。
コロナ下の中で人が集まるのが憚られる中、
視覚的に訴えられる動画は貴重です。
今回は「介護保険を利用するには?」
という動画を使わさせていただき、学習を進めました。

イメージだけでなく、条文も可能な限り理解できるよう、
「逐条解説 介護保険法」という資料も使い、理解を深めました。
介護保険法は1997年12月に成立し、
2000年4月から実施されている比較的若い法律です。
わが国では、医療保険、年金保険、労災保険、雇用保険に続く
5番目の社会制度となります。
世界的に見ても、本格的な介護保険制度の創設は、
ドイツ(1995年から介護保険制度を実施)に続くものであったそうです。
215条からなる条文数がたくさんある法律です。
これをすべて暗記して、理解して、
仕事に活用していくのが理想的な姿なのですが、
中々難しいのが実情です。
とはいえ、私達ヘルパーが働く上でもっとも大切な法律なのは事実です。
介護保険法の研修は、
今回1回に留めるのではなく、
何度も学習して、理解を深めて、
理想的な姿になれるよう、頑張っていきたいと思います。
PAGETOP