千葉市の訪問介護・地域に根差して19年

緊急時の介護(2020.10.26)

「緊急時の介護」についての内部研修を行いました。

 

利用者様は疾患を持たれている方が多く、
容体が急変する事態に遭遇することがあります。
そういった緊急時に私達ヘルパーが
慌てずに落ち着いた対応ができるよう、
今回は緊急時の介護の研修を行い、
知識を得ることとしました。

3密になる事を避けるため、
スマートフォンを使用して、動画を見る事により、
視覚的に知識を習得して、
また、資料を活用して、その知識を一層深めます。
動画は、常陸太田市のホームページにアップされている「【動画で学ぼう】心肺蘇生法(感染症対策)」という動画を使わさせていただきました。

今回は、千葉市内の介護職の為に実施され、
研修担当が参加した「緊急時の介護」という講義で得た知識を元に、
その内容を当社所属のヘルパーにレクチャーしました。
上記の写真は、その時の講義で使用されたテキストになります。ヘルパーは医療職ではありませんが、
利用者様に寄り添う機会が大変多い仕事です。
利用者様の容態が急変した際、
とっさに行動すべき事態に遭遇した際に、
事の次第に衝撃を受ける事もあるかもしれませんが、
そういった際に、
可能な限り冷静に対応しなければなりません。
今回の研修は、何が起こってもなるべく動じずに、
冷静に対応できるような知識をヘルパーに浸透させたいと考え、
今回の研修を実施しました。
身に付けた知識を
実際の介護現場で生かせるように
頑張っていきたいと思っております。

 

PAGETOP