千葉市の訪問介護・地域に根差して19年

高齢者虐待について(2019.07.11)

高齢者虐待についての内部研修を行いました。

 

 

高齢者虐待については、
毎年の社内研修に組み込むことが義務付けられています。

 

傷や痛みを与える虐待は良く知られていますが、
それ以外に虐待に繋がる行為として不適切ケアがあります。

 

「虐待の芽」とも言われる不適切ケアについて学ぶことで、虐待防止のための私達の役割を確認しました。

 

自分の言動を振り返って相手を傷つけていないか、ご本人の意思を尊重しているか自問自答していくことが大切です。

 

ストレス反応から不適切ケアが出る場合もあるので、仕事をする上での自分のケアも大事にして欲しいと思います。

 

 

PAGETOP